プロジェクト概要:研究内容

Mn系Liフルインターカレーション電池の特徴

Mn系Liフルインターカレーション電池は、電極がスピネル(立体)構造のため、Liイオンが抜けても結晶構造を維持して熱安定性が高く、より安全な電池といえます。また、その立体構造のため、Liイオンが3次元の各方向に移動できるため、内部抵抗が低くなり、ドローンなどの急速充放電が必要なアプリケーションに向いてます。さらに、電池の生産では、Mnは水と反応しないため、従来のような大規模なドライルームは必要なく、小規模生産ラインが構築し易く、地方での少量生産を可能にしています。

Mn系Liフルインターカレーション電池の特徴

ナノ界面評価とMn系Liフルインターカレーション電池技術の融合による次世代電池の開発

東北大学では、急速充放電、高安全性、小規模生産が可能といった特徴あるMn系Liフルインターカレーション電池を開発するため、超微量粘度計や表面力計、種々の観察技術を使って、より合理的な設計に、より電池開発を加速できるよう支援しています。
また、独自開発した超微量粘度計や表面力計自体も事業化し、これまで計測のできなかった分野に貢献してまいります。

ナノ界面評価とMn系Liフルインターカレーション電池技術の融合による次世代電池の開発

低温用(ハイレート)Mn系Liフルインターカレーション電池とその応用市場

東北大学で開発中の低温用Mn系Liフルインターカレーション電池は、低抵抗で大電流、熱安定性が高く安全で長寿命といった特徴があり、この特徴を活かした太陽光パネルと組み合された定置用電源システムや、ドローンやAGVに代表される小型・短距離動力システム、また、急峻な反転運動を伴うエレベーターやフォークリフトなどの回生ブレーキシステムに向いており、このような新しい市場に向けて順次導入を図ってまいります。

低温用(ハイレート)Mn系Liフルインターカレーション電池とその応用市場

ページトップへ